ライティングについて

ホームページ制作とライティングについて


ホームページ制作ではHTMLをコーディングする事で制作が可能になりますが、HTMLだけではなくカスケードスタイル等の知識なども必要ですし、ホームページ制作は単にHTMLをコーディングするだけではなく文章作りでもあるライティングにおいても要求されることが有るのです。

因みに、日本語においてはハイフネーションと言う概念は有りませんが、日本語以外の英語やフランス語、ドイツ語など言語においてはハイフネーションが有り、単語を区切る際にどこで区切れば良いのかなどが決められているのです。
ハイフネーションは直接ライティングとは関係が無いのですが、単語には一つ一つ改行が出来る場所が決められており、英語などのホームページ制作を行う時には、単語のハイフネーションの位置を調べた上で記述をしていく事が必要になるケースが有ると言う事なのです。

ホームページ制作は、ホームページに訪れた人がホームページ内にある商品を選んだり、サービスを利用する目的で作られているケースが多く有りますが、商品を紹介したり、サービスを紹介する時には写真を掲載し、文章を使って説明をしておく必要が有ります。
ホームページに訪れたユーザーは写真を見てくれたり、そこに記載されている文章を読んで商品やサービスを利用したいと考えますので、ホームページ制作においてライティングと言う作業は重要な作業工程でもあるのです。

尚、ライティングを行う時の注意として、「です、ます調」で整える事や、異なるページに文章を記載する場合などでは言い回しを揃えるなど様々な技術が必要になります。
そのため、文章を記述していく時などは、それぞれのウェブページ毎に文章を記述していくのではなく、1つのページの中に全ての文章を記述ししておき、文言を揃えるなどの作業を行う必要があるのです。

また、文章と言うのはユーザーが見える部分だけにあるのではなく、写真画像などにマウスカーソルを近づけた際に表示される部分などにも文章が有りますので、それぞれの文章に統一性が取れている事が重要となるのです。

尚、文章をライティングする人とホームページ制作の要とも言われるHTMLのコーディングやカスケードスタイルを利用してデザインを作り上げる作業など、それぞれの専門家が行っても良く、ホームページ制作では作業分担が可能になったり、役割を明確にさせることも可能になると言うメリットが有りますので、それぞれの担当者が得意とする分野の作業のみを行えるという特徴もあるのです。”